すでに複数の会社から借入中、だけど新規でお金を借りたい!

お金なんて、いくらあっても足りません。
お金が足りなくて借りたんですから、また足りなくなって借りるのは当たり前とも思えます。

 

誰でもお金借りれる 消費者金融

なのに、すでにいくつかの消費者金融からお金を借りている状態で別のところに借りいれを申し込むと審査落ちすることがあります。向こうからすると「それだけ借りて返せてないんだから、うちでも返してくれなさそう」と思うわけですね。

 

そんなこと言われても困ります。あと少しお金があれば生活を立て直すことができるのに、それが叶わずに自己破産なんて悲しい話です。
できれば自己破産をせずに、お金を借りてやりくりをして乗り切りたいものです。

 

その人の借り入れ状況や現在の収入に応じて借り入れできる額は大きく変わってきます。
借金を申し込む時に、収入などの情報を消費者金融に渡します。消費者金融は、そこから貸し出しできる金額を考えます。
収入が多ければ多いほど、借り入れできる額は大きくなるということです。

 

つまり、複数社から借り入れをしているということは、収入が少ないがために1社から大金を借り入れすることができなかったということです。
そして何社からも借り入れすることになり、「この人は何社からも借りている」と思われることになります。

 

収入が少ないからこそ生活に困って借り入れをするのに、これは困ったシステムですね。

 

総量規制以上のお金を借り入れする裏技なんてあるのか?

どんなに足掻いても、総量規制を超える金額のお金を借り入れすることはできません。

 

誰でもお金借りれる 裏技

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が、1人の人に対して貸し出すお金の最大額を決める法律です。
「全ての人が平等にいくらまで借りられる」というわけではなく、「その人の年収の3分の1まで借りられる」ということです。
専業主婦カードローンなどは、その対象外になります。いわゆる貸金業法の枠外にあたります。

 

この「年収の3分の1まで」というのは、1社につきではありません。全ての借金をまとめた金額がこの金額でなければいけないのです。
これもまた厳しい取り決めですね。収入が少なく生活が切迫している人ほど目下の現金が必要なのに、お金がある人ほど借りることのできるシステムです。理不尽ですね。

 

銀行から借りるお金は総量規制の対象外となっていますので、消費者金融でめいっぱい借りた後でもそことは関係なくお金を借りることはできます。
が、銀行の審査は消費者金融よりも厳しいので、すでに複数社借り入れしている状態では新たに銀行から借り入れをするのはとても難しいでしょう。

 

では、どうすれば借りられるのか?
1番手っ取り早いのは、家族にお願いをして家族の名義でお金を借りてもらうことです。

 

家族とはいえ勝手に人の名義で借入をするのは犯罪!だけど・・・?

勝手に家族の名義を使ってお金を借りてしまうと、身内といえども犯罪になってしまうので、必ず本人に了承をもらわなければいけません。
実際に他人名義で自動契約機から契約を結んでお金を借りようとして逮捕された人がいます。

 

消費者金融 家族名義

「借りようとして」つまり借りるところまで辿りつけずに終わってしまったのです。

 

なぜ、無人である自動契約機から申し込みをしたのに簡単にバレてしまったのでしょうか。

 

これは、自動契約機にカメラが設置されているからです。
こちらからは向こうを見ることはできませんが、審査をする担当者はしっかりとカメラで申し込み者の姿を見ています。

 

なので、「誰もいないから」と悪い態度を取っていると、心象が悪くなって貸し出してもらえないこともあるとかないとか。自動契約機でも見られているという意識をしっかりと持っておきましょう。

 

こうしたことから、家族名義でお金を借りるためには、家族本人にカードを作りに行ってもらわないといけません。
最初にカードを作ってもらえば、あとはATMから簡単にお金を借りることができます。
きちんと返済することを約束し、最初にカードを作ってもらいさえすれば、総量規制以上のお金を借りることもできるのです。

 

キャッシングをうまく使って結婚してからも遊んでいます

実は、私もこの裏技を使いました。
カードを作って欲しいと頼んだ相手は親でした。

 

キャッシング 結婚後

独身時代からキャッシングのカードを数枚持っていて、あっちで借りては返し、こっちで借りては返しの繰り返しでした。
それでも、返済を滞納したことがないということだけは自慢です。

 

私のような浪費家のどこを好きになったのか?倹約家で真面目な奥さんができました。すてきな嫁が来たと両親は大喜びです。

 

しかし、金銭面に関しては地獄でした。
「あなたの浪費癖を直すため」「いつかマイホームを建てるため」と小遣い制にされてしまい、少ない金額の中から毎月遊ぶお金を捻出しなければいけなくなりました。

 

私は我慢の効く人間ではありません。我慢の効く人間であればそもそも浪費なんてしません。
結婚したからといって人がそう簡単に変わるはずはなく、独身時代から持っていたキャッシングカードを使ってお金を借りながらこっそり遊び続けていました。

 

ある日、その生活に限界が来ました。
持っている全てのカードで限度額まで借り入れをしてしまったんです。夜遊びや遠出がかなり響きました。

 

そこで、親の名義でカードを作ってくれと頼み込んだんです。
親本人にも余分な蓄えなどありませんでしたから、直接お金を借りるよりもこの方が手っ取り早いと踏んでのお願いでした。

 

親は「あんな良い嫁に逃げられては困る」と渋々承諾してくれました。
そのおかげで何とか難を逃れ、返済をしながら遊び続けることができました。毎月払える金額を調整しながら返済は滞納せずにうまく払い続けました。

 

バレることなく乗り切り、今でも奥さんとはとても仲良しです。

 

最後に私がお金を借りた時に参考にしたサイトを紹介します。

 

お金を借りるのはどこが一番いい?
キャッシュチョイスっていうサイトです。
自分も結局どこから借りていいのかわかっていなかったので、おすすめがわかってよかったです。
お金を借りる事情って人ぞれぞれだから、「ココがいい」っていうのはなかなかズバッとは言い切れないですけど、それを的確に教えてくれるサイトでした。

 

特に初めてお金を借りるという人には役立つサイトだとおもいます。